<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< FO Deer & Doe Melilot Shirts 完成(by ワタシ) | main | FO Deer & Doe Melilot Shirts その2 完成 >>

FO burda style 8/2014 no.111 bermuda ブルダスタイル 2014年8月号 より バミューダパンツ 完成

ムスメが5週間の休暇を終えて先日イギリスに戻りました(戻る、が段々しっくり来つつあるのかな)。

長いようで短く、いろいろ出来たはずなのに何もしなかったような、不完全燃焼の休暇ではなかったかなと。

 

後半に台風の進路を見つつ、やっとこさで萩津和野へ二人旅に出掛けました。

私は30年ぶりの再訪です。

 

当時国立大学が2期制で10月に試験休みがありまして(今も?)、貯めたバイト代でその時期に日本海側をごとごとローカル線で旅するのが好きでした。

30年前はお金がないものだから民宿に泊まっていましたが(民宿ならではの良さもありました)、30年後にムスメと料理が美味しいと有名な旅館に泊まるなんて思いもしなかったです(新鮮な魚介類が美味しかった〜♡)。

 

ムスメは実は焼き物好きで(それも土の味わいのある)、大学時代から一緒に焼き物の里を訪問しています。今回は特にお気に入りの萩焼を見つけてゲットする!と鼻息も荒く。

備前の時もそうだったのですが、彼女が選ぶ作品と私が選ぶ作品がいつも同じ作家さんのもので、焼き物の趣味はどうやら似ているようで面白かったです。

止めておけというのに山ほど萩焼を買い、地元の民陶の店で小鹿田焼も買い、スーツケースにぎっちりと焼き物を詰め、紅茶の国へ。

試験用にと夫に買ってもらったイヤーノートは置いて帰り(重要度*焼き物>イヤーノート)、夫をがっかりさせていました^m^

 

そして吉田松陰先生に感銘を受けたようなので「世に棲む日日」を送ってやるつもりです。

 

私の大好きな里山の風景、いつまで続いて欲しいと思った旅でした。

 

+++

 

表題の通り、burda style 8/2014から縫いました。

 

burda 8/2014

 

これです。

 

ムスメが帰国の際、よくお土産にburdaを買って帰ってくれていたのですが、とにかくパターンを写し取るのが大変で一度も縫ったことがありませんでした。

 

 

burda 8/2014

 

このすべてのやる気を削ぐ線の交差具合、、それでも多色刷りなのが救い。

special burdaはパターンの数が少ないのでまだトレースしやすいです(一度も縫ってないけど^^;)

 

ムスメが「型紙を写せば縫ってくれる?」と聞いてきたのが↓no.111のバミューダパンツ。

 

 

burda 8/2014

 

パンツを履きたいなんて珍しいと思いつつ、写してくれるならねと返事をしたところ、ムキーとなりつつ写してきましたので仕方なく?縫いました。

burdaも縫い代は基本1.5cm指定ですが、1cmにしてもらいました(ふんだんな縫い代は却って縫いにくく)。

 

 

​burda 8/2014 111

 

  • pattern: burda style 8/2014 no.111 bermuda
  • size: 38号
  • fabric: 服地のひできさんの何年か前の福袋の コットン98%ポリウレタン2%のツイル 確かイタリア製
  • rate: ★★★★☆

 

 

​burda 8/2014 111

 

私が履いてもゆったり目。多分ムスメにも大きいと思います^m^

 

まず、玉縁ポケットをしくじりました。

 

​burda 8/2014 111

 

非常に汚い。練習しなければ、、

 

 

​burda 8/2014 111

色が変ですが、黒です。

 

前ポケットが???でした。なぜにこのように脇布が大きいのか???

ファスナー部分まであります(袋布は日本で一般的な大きさです)。

結局何のためかよく分かりませんが(おなかをすっきりとさせるためでしょうか)、その通りに縫いました。予想通りファスナー部分は厚くなってしまいました。

持ち出し部分が小さく感じたので、1cmプラスして出来上がり幅4センチのものを付けました。

 

 

​burda 8/2014 111

 

sewing lessonとsewing courseで各1点図解付きの作り方が載っていましたが、他は文章でのざっくりとした指示のみ。

英語の壁というのもありますが、burdaは中級以上向きなのかなと思いました(バミューダはburdaによるとintermediate)。

慣れた人だと「玉縁ポケットね」と綺麗な仕方で縫えるのだろうなあ、、

 

パターンの精度は抜群でした。合うところはしっかり合い、出来上がりも綺麗でした。

ヌードサイズより一つ小さいので良さそうだということが分かったので、他のburda styleでも何か縫ってみたいと思っています。

 

 

 

 

 

| 縫い物 女性用 布帛 ボトムス | 2016.09.19 Monday | comments(2) | - |

スポンサーサイト

| - | 2017.09.18 Monday | - | - |

Edit this Entry

Comment

本当にご無沙汰しております。 UKにいたころに交流のあったものです。 お元気で何よりです。相変わらず作っておられますねぇ…。 私の方はキルトは放り投げ、縫物はミシンに錆が…。
編み物もここ数年やってません… 『まいど』くん、また作ってみたいと思ってはいるのですが...。 
その代わりと言っては何ですがタティングなんぞをかじって…でもここ数年色々あり2年ほど放置ですわ。情けない。今は銀粘土をこねています。
バナナは高三、イチゴは中三 生意気盛りです。 コベント・ガーデンで会った時にはあんなに可愛かったのにねぇ。あの頃が一番幸せだったと思える今日この頃です。 ではでは。

| にゃんダンゴ …?? だったかな? | 2016/09/20 10:33 AM |

にゃんちゃん〜〜T^T

お元気ですか?
コメントありがとうございます。
本当に本当に嬉しい。
バナナくんはもう高3、イチゴちゃんも中3。@@驚いた。
お互い?年を取るわけだ^m^
うちは上が今度からマスター、中が大3、下が大2です。まだまだお金のかかる時期が続きます><

タティングに銀細工!多才やなあ。
作品が見たいなあ。
でもBBSも閉じちゃったし。いつか見られるといいなあ。

コベントガーデンで話したことを今でも時々思い出します。
にゃんちゃんの予想通りになりつつあります。良かったのかどうだったのか。
分からないけど、走り続けるしかないんだなと思います。

またコメント下さい。m(_ _)m

| ちむ | 2016/09/20 6:01 PM |

Submit Comment










税務調査