<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< FO ムスメのルームブーツ 完成 | main | FO 『コットンフレンド 2015-2016冬号』より フーデッド(ショート)コート 完成 >>

FO Keisarin Morsian 皇帝の花嫁靴下 完成

Ravelryのグループkal in japanese/kalひろばの2015年の靴下kalに参加していたのですが、やっと、やっと、完成しました。
ラベの記録ではスタートしたのはどうやら2015年の2月らしく、完成までにほぼ1年費やしてしまいました、、

皇帝の花嫁
いきなりの上げ足写真でスミマセン。
  • pattern: Keisarin Morsian by Tiina Kuu
  • yarn: Zwerger Garn Opal Uni Solid 4 ply brown 52g white 34g
  • size: 24.5cm
  • needles: addi lace CNs 2.25 & 2.5mm
  • rate: ★★★☆☆




なんとも言えないクラシカルな模様にズギュンで、1枚目はサクサクいったのですが、2枚目でまたしてもSSSに^^;
今回の寒波襲来の予報に、今完成させないとまた1年後になる、と一念発起(大げさ)しました。


皇帝の花嫁 後ろ

2枚目は三角マチ部分に入る手前で放置プレイに入ってしまったので、再開した時は「はて???」でした。
1枚目を見ながら「多分こう」と適当にやってましたら、案の定間違えてました。
踵を編み終えてからの後ろ側の模様の始まりが違う、、
三角マチに入るのが遅かったようでした。はは。
それより何より手が変わって、2枚目はかなり大きくなっています。ゆうにカフス分くらい。
ま、アバウトなので気にしないのです〜
前にもやらかしてるし。


皇帝の花嫁 裏

そして、白と茶の糸を持つ手を左右逆にしたようで、裏返すと大変よくわかるのであります。^^;
フェアアイルニッティングを習っていた姉によると、両手に糸を持つときは模様になる糸を右手に持つと模様がはっきりするんだそうです。なるほど〜

下手な編みこみの裏を見ていて、サイチカさんの去年の著書のリバーシブルで着られる編みこみのセーター(裏がこぎん刺し風の)を編みたかったのを思いだしました。まだ無理かな、、無理だろうな。

いろいろ突っ込みどころ満載ですが、暖かで、オシャレな靴下が完成して大変満足です。


 

| socks | 2016.01.30 Saturday | comments(2) | - |

スポンサーサイト

| - | 2017.09.18 Monday | - | - |

Edit this Entry

Comment

こんにちは

ほんとうに素敵な靴下で
まるで宝石のように見えます。輝いています。
裏側、こぎん刺しのように見えます。びっくり!


| ふくろうボタン | 2016/01/30 9:55 PM |

ボタンちゃん〜

ありがとうございます。
何とか完成の運びに^^;
SSSにかかっちゃうのは毎度のことなので、同時編みにしないとなあと思うのですが、毛糸を分けるのが面倒くさい(この時点でソックニッターとしてはアウト)。
パターンがステキでした。

こぎん刺しの帯は凄く高価なんだぞ、と姉から聞きました。そうだろうなあ、、
ニットの編みこみの裏がこぎん刺し風に見えるのは本当に面白いですね。持つ手ではっきりもマイルドにも見えるのがまた面白いです。
リバーシブルで綺麗、という風にLVアップしたいものですが、生来のアバウトな性格で上達しません^^;
実際目がガタガタでも2,3回履くと揃ってくるんですよw

| ちむ | 2016/02/01 10:55 AM |

Submit Comment










税務調査