<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< FO 『コットンフレンド 2015-2016冬号』より フーデッドコート 完成 | main | FO Keisarin Morsian 皇帝の花嫁靴下 完成 >>

FO ムスメのルームブーツ 完成

夫のルームブーツが可愛くできたので、ムスメにも作ってやろうと思いました。
フラノに刺繍したらもっと可愛くなるのでは?と思い、前々から気になっていた本↑を買って刺繍に挑戦しました。


ムスメのブーツ
 
  • pattern: 『季節の手芸』より ルームブーツ 『1色刺繍と小さな雑貨』より 刺繍デザイン
  • size: 190%で出力 
  • fabric: フラノ、ウール ニードルパンチ、デニム、その他 刺繍糸はDMC725 3本どり
  • rate: ★★★★☆


夫のルームブーツを出力205%にして大き過ぎたので、190%にしたところ、24.5センチの私の足で若干ツンときます。でも履いているうちになじむ程度。私よりも小さい足のサイズのムスメ用なので無問題。

↓準備完了の図。

準備完了

このルームブーツは縫うのは簡単ですが(最後のまつり縫いが手間といえば手間)、とにかく準備が億劫で。
刺繍が完了してから随分放置してしまいました。

ムスメのブーツ


外側のフラノは夫のルームブーツと同じですが、内側をフーデッドコートの余り布のウール ニードルパンチ(フワフワの側)で作りましたので、夫のよりもずっとふっくらでずっと暖かいです^m^
ただ、とても厚くなったので11号の針を折ってしまい、14号で縫いました。糸は普通のシャッペ糸です。
中敷もウール ニードルパンチの2枚重ね。底付き感があると暖かさが半減するような気がするので。



ムスメのブーツ

刺繍糸の色はムスメの好きな黄色で。刺繍は楽しかったです。下手くそだけれど。もう少し刺繍位置をかかと側にすれば良かったかな。
これも体調の悪い時にぼつぼつやっていました。クロスステッチと違って図面とにらめっこして布目を数えないで済むので楽ですね。
フラノなどウール生地にはチャコペーパーが使えないことを知りませんで、ムキーとなりながらスタイラスでこすりましたが無駄でした><
なので、ほぼフリーハンドです^^;

後からウールなど毛羽のあるものや厚手のものにはピーシングぺーパーや熱転写ペンシル(ただし、消えません)などを使うと知りました。刺繍クラスタで話題になっているこれも便利そうで、買ってみました。わくわく。
ダイソーでピーシングペーパーのように使うけれど後で水洗いするとペーパーが溶けて消えてしまうというのがありました。ちょっとこれは怖い、、

樋口愉美子さんのデザインは北欧風であり、昭和風であり、どこか懐かしい、温かい感じがしました。
昔のマグカップやお湯を保温するだけのポットの図柄のような、、(歳が、、)
テクニックも8種類ほどと多くないので(それだけに上手下手が丸わかりですが)、素人でも楽しんで刺繍をすることができました。
 

| 縫い物 小物 | 2016.01.29 Friday | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 2017.09.18 Monday | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment










税務調査