<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< CO WIP1 編みながらスモッキングするセーター 編みはじめて、途中1 | main | FO 『編むのがたのしい、ニット』より 『編みながらスモッキングするセーター』 完成 >>

FO 『いつもの服、きれいな服』より フーデッドコート 完成

 体調が戻って、やっと縫いものをする気になりました。
編み物は本調子でなくても気が向いた時にできるけれど、縫いものはパワーが要るんだなあと思い知りました。私には健康のバロメーターになるかも。

今季も結構冬の布を買いこんでしまいまして(去年も買ってそのままなのに^^;)
冬のものは嵩張るからまずは最も嵩張っている布から着手しました。


フーデッドコート 前

 
  • pattern: 『いつもの服、きれいな服』より フーデッドコート
  • size: Lサイズ 着丈だけ2センチ伸ばした。
  • fabric: Haru 愛知県産W幅 ウール ニードルパンチ  ウィンドウチェック  ブルーパープル 確かウール90% ナイロン10% だったかと。m@880x2mちょっと
  • rate: ★★★★☆
 

ムスメに。

ムスメが帰国した際にコットンフレンドのフーデッドロングコート?が良いなあと言っていたのですが、その時には適当な布が見付からず。

しばらくしてHaruさんで売り出されたのが指定のまんまのウールのニードルパンチでした。しかもお安く。

それですぐに購入したのですが、手違いで2mと1mに分けて届くことになりました。

無地だったらいいのですが、チェックなので柄合わせもあるし、ということでロングは諦め、以前から気になっていた大川さんのフーデッドコートに変更しました。
 

フーデッドコート 後ろ

まつり縫いが下手すぎ↑
 

ぎりぎり柄合わせができましたが、見返し、フード裏は無理だったので、フード裏は裏のベージュの起毛部分を表にしました。逆に暖かな感じが出て良かったかと。

今年流行りの裏なし一重のコートですが、生地自体が暖かなのと、ショールカラー気味の大きなフードが肩と背中の一部を覆うので大変暖かく感じます。良い布でした。フードにボリュームがあって後ろに引っ張られる感じがあるのではないかと心配しましたが、大丈夫でした。
 

フーデッドコート 前を開けて

 

とにかく布がふんわりと厚く、フードを本体につけるところなど六重になっているところが部分的にあり、大変でした(フードが二重なので)。織がそう詰まっていないのとシュプールのパワーのお陰で縫えましたが。

 

フーデッドコート 箱ポケット


今年の縫いものの小さな目標は箱ポケットがきれいに縫えるようになる、です。

パターンにはないのですが、手を温めるポケットはマストだよね、と適当に作りました。見返しを付ける段になって、もう少し脇に寄せるべきだったかなと。見返しの中にポケット布が入りこんでしまいまして。まあ、ポケット布がバサバサしないで良かったのかも。
 

フーデッドコート アップ


オバちゃん着画は今回はなしで。なぜなら、あまりにも似合わなかったから(ノД`)・゜・。

このパターンは年齢制限ありだと思いました。30代半ばくらいまで?とにかく私のようなオジオバちゃんには可愛すぎました。

色とフレアの分量を変えるとありかな。

日本もやっと冬らしい寒さになりましたが、ムスメの住む地方は今年最も寒さが厳しいらしいです。日本では特に暖冬なので裏なしの軽いコートは今の気分ですが、向こうではどうかな。まあ軽くて着心地が良いので、家の中で羽織ってもらったら良いかなと。

分割された残り1メートル(どうしても見返し一つ分取れなかったのでそれは1mの分からとりました)は何を作ろうかな、、冷え取りスカート?ベスト?ちょっと考えます。

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2016.01.19 Tuesday | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 2017.09.18 Monday | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment










税務調査