<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

初めての着物リメイク 25 ワイドパンツ 完成

 連休中にやっと衣替えをし、冬用の寝具に替えました。
今日仕事に行くのに、冬の仕事用パンツを履いたところ、ぱっつんぱっつんでした><
運動を始めたのでちょっとは引き締まることを期待しています。

+++

恐らくもう着ない着物をいつかムスメのドレスにしたいなあと夢想して早や数年。
ちょうど最初の良い練習台になる着物が手に入ったので着物リメイクに挑戦です。


お召しの着物


まずはこれ。
お召し、らしいです。
母から姉に下げられた来歴不明の着物で、156センチ程度の身長の人にちょうど良い長さ。背高族の我が一族には対丈という摩訶不思議な。恐らく祖母(母の姑)から下げられたものではないかと。洗って縫い直すほどの品ではなさそうなので、どうしたものだか困っている姉から貰い受けました。

姉から「お召しは洗うとすごく縮むよ」と言われたので、10センチ四方をしつけ糸で印をつけ、冷水にエマール投入して押し洗いし3度すすぎました。


お召しの着物 洗い


まあ汚い汚い。着物って基本洗わないから仕方ないのでしょう。
本当にごわごわに縮みましたが、ドライアイロンをかけるとごわごわ感は減り若干伸びました(それでも横は9センチ、縦は9.5センチ)。


お召しの反物化


多分洗うとごわごわに縮み、アイロンで伸ばす、ということになるのでしょう。まあとりあえず第1号なので気にせずに縫います。

図書館には着物リメイクの本が沢山置いてあるのですが、1冊くらいは手元にあってもいいだろうと↑の本を買いました。
この本のワイドパンツを縫いました。


ワイドパンツ

  • pattern: 『新・きものリメイク術』より 25 ワイドパンツ
  • size: フリー
  • fabric: お召しの着物 絹
  • rate: ★★★☆☆


囲み製図で起こします。まあ、なんとか。

切り替えで中央前後パンツがぎりぎり入るようになっています。

できるだけ模様を合わせたつもりですが、ちょっとずれてたり^^;

シャッペの普通地用の糸で縫いました。縫いにくくはありませんでしたが、若干しわが、、高温でアイロンをあてることができないので、縫い目のふにゃふにゃが気になりつつも、、

対丈だからかパンツ1本がやっと取れるだけでした。衿の布が残りましたが、何に使えるだろう??

ポケットも取れる最大限の幅で縫いました。盛大に伸び縮みするので異素材は使わない方がいいだろうなと思ったので。でも手はきちんと入るので良かったです。

以前作ったサルエルパンツが実は相当気に入りまして、また変わった形のものを作りたいと思い、これを選びました。


ワイドパンツ 着画


着心地は基本、スカートです。8枚はぎの^^

でも裾のところで閉じているのでワイドパンツ。お行儀が悪くても大丈夫。


ワイドパンツ 着画


ちょっとアーガイル模様にも見えなくもない柄なので、黒のタートルセーターあたりをインしてトップを小さくまとめるとバランスが良くなって何とか着れるのではないかな、、

お召しのさらっとした感触がなかなか良いのですが、皺ができやすいのが難点><

また縫製済みを洗った後のレポも追記したいと思います。

2枚目は紬(絣?)の予定です。これがまたすんごい上等の^^;(絹のようですが)The着物という柄でして、どうなることやら。

夜ほどいていたら夫に
「モンペを作って近所を歩き回らないでください」
とくぎを刺されました。今度は本当にモンペになるかもです。

| 着物リメイク | 2015.10.16 Friday | comments(0) | - |

| 1/1PAGES |


税務調査