<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

FO 「大人の服」より デニムジャケット 完成 (写真の追加アリ)

昨日は暑いくらいのお天気だったのに、今朝から雨のこちら地方です。

偏頭痛発作で目が覚めたのも久しぶりでした。

折角の桜がとうとうガク桜になってしまいました。

 

+++

 

デニムジャケットが完成しました。

 

 

デニムジャケット

 

 

  • pattern: 「大人の服」 by 大谷ひろみ C1 デニムジャケット
  • size: 11号 
  • fabric: アウトレットファブリックさんの 138cm幅 9オンスストレッチデニム 濃紺   m@680円を1.4m シルバーのオープンファスナー44cm 280円
  • rate: ★★★★★

 

デニムジャケット

 

すごく良いのができました。

シュッとスマートに見えますが、ストレッチが効いていて肩が凝らない。

プリンセスシームがバストラインを綺麗に見せてくれます。

 

デニムジャケット

 

オープンファスナーを付けるのは初めてで、ファスナーの表と裏を間違えて、スライダーを内側に付けてしまうという失敗がありましたが、実働2日でできました^^

ポケットが欲しい気もしますが、丈が短いし、折角のシュッとした感じが壊れても困るので、これはこれでいいかな。

 

 

デニムジャケット 着画

 

お目汚しスミマセン。

着るとこんな具合です。

前回のジャケットもデニムで縫いたいです。

 

 

家族のLINEグループに写真を送って見てもらいましたら、長男から、、、

 

 

 

 

ノーモーエイガドロボー

 

こんな加工をされて戻ってきました。

うぬぅ。

確かにポージングがだな。

 

しかしヤツも暇だな。

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2017.04.17 Monday | comments(4) | - |

FO 「大人の服」より Vネックジャケット試作品 完成

春休みで帰省した次男が虫歯の治療に通っていたので私も行ってみました。

多分8年ぶり??

虫歯は幸いなかったのですが、歯の裏側に歯石が付いていて、それを綺麗にしていただいたらすっかり知覚過敏に(ノД`)・゜・。

「下がった歯茎は元に戻らないので、今の状態を維持しましょうね」と先生に励まされました。ハイ!

1年後褒められるように頑張ろう、と思ったことです。

 

+++

 

図書館で気になっていたのが大谷ひろみさんの「大人の服」でした。

シュッとした感じがステキで、以前から借りては眺めていました。

コンセプトが「すっきり見えて着やすく、よりきれいに」ということで、どれもステキなのです。

モデルの相築あきこさんが美しいので、余計ですな。

ただ、何だかストレッチ素材の扱いが難しそうで、縫うまでには至らず。

 

今年(の春?)はデニムが人気なんですね。

ジージャン(デニムジャケット?)を私くらいの年齢の人もオシャレに着ていて、私も流行に乗っかろうと色々お店で試着してみたのですが、何となく窮屈。無印のストレッチデニムのジージャンも試しましたが、何となくサイズは合っているのに窮屈。しっくり来ません。

何より、おじさんみたいに見えるので(最悪、、)そっと元の場所に返しました(涙

 

そんな時、そういえば「大人の服」にオシャレなデニムジャケットがあったなあと思いだし、さっそく試作品を縫ってみました。

 

 

Vネックジャケット試作

(まだ作業着ワンピを着せたまま^^;)

 

  • pattern: 「大人の服」 by 大谷ひろみ Vネックジャケット
  • size: 11号 背高族対策で着丈を15号の丈に
  • fabric: 近所の手芸店のワゴン品 コットン95% ポリウレタン5% のストレッチコットン 広幅 m@480円を確か着丈の倍 白蝶貝のボタン@140円
  • rate: ★★★★☆

 

 

Vネックジャケット試作

(何だかプリンセスシームの縫い目が皺ってますね。まだまだだなあ、、)

 

白なので裏を付けようかなと思いましたが、真夏にちょっと羽織るのに裏なしの方が便利と思い直しました。トワル代わりの試作品だし(面倒だったのもアリ。ただ、裏を付けるために見返しは縫い代分1cm大きくしています。で、大きくしたまんま縫ったので前の見返しがプリンセスラインの辺りまで来てるので変かも←毎回どこかいい加減)。

しかし、裏を付けようか、なんて気軽に思えるようになったのはコート祭りのお陰ですね(ひっそり辺境で縫っているけれど)。

 

プリンセスラインのシュッとしたジャケットです。シンプルですがラインがきれいです。

元々ストレッチ素材やバイアス裁ちの素材を使う前提でゆとりを控えているデザイン故のこのシルエットなんだろうなあ。

更に良く伸びる素材なので肩が凝りません。

Vネックなのですが、首に沿うようなラインからのVネックなので開き過ぎず良いです。

下はデコルテが綺麗に見えるカットソーかな。と、妄想。

(相築さんみたいにシャツ感覚でこれだけ着るのもオシャレかも。私は無理ですが)

 

 

Vネックジャケット試作

(衿回り、切込みの部分にプツプツと凹みが、、白だから目立つのかなあ、、う〜む)

 

この本の面白いなあと思うのは伸ばしたくないところは伸びない糸、接着芯と使い分けているところです。

今回接着芯と接着テープの種類は変えましたが、糸替えが面倒くさいので全部レジロンで縫いました。問題はなかったです(←なかったのか??)。

 

10年前の本なのに全く古びてないところが素晴らしいです。絶版が残念な限り。

気に入ったので、ストレッチデニムで型変わりのジャケットを縫います^^

 

 

 

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2017.03.17 Friday | comments(0) | - |

FO レディブティック 2016年12月号 より 94 コート完成

ムスメに縫うと言っていたレディブティック2016年12月号掲載のコートをようやく縫いました。

すぐに始めるつもりだったのですが、、

ムスメに候補の布サンプルをわざわざ送って生地を決めていたのに、私がぐずぐずしている間にまさかの売り切れ。

その後ムスメが希望していたような布に出会えず(ノД`)・゜・。

急展開はオークションから(始めたんか〜い、です^^;向こうでebayはやっていたけど、、)。

これ良いなあととりあえず入札した布が、売り主さんに申し訳ないようなお値段で落札できてしまいました。

Blin & Blinはイギリスのテキスタイルメーカーだそうで、ネットであまりヒットしないのですが(変なラッパーは沢山出てくる)、かなり高級な素材らしいです。

このカシミア混(混紡率不明)のヘリンボーンの生地もとても良い布でした。

(前置きが長くてスミマセン)

 

 

レディブティック2016/12 94コート

 

 

  • pattern: レディブティック 2016年12月号 94のコート
  • size: 11号(丈は15号) 肩幅広子なので肩パットは省略、代わりにバイアス布を袖を縫うときに袖山に一緒に挟んで縫った。
  • fabric etc: Blin & Blinカシミア混ウール ヘリンボーン 150cm幅 4m@4500円(3m使用)ボタン@650円の半額 3個 裏地m@829円の2割引 3.6m  接着芯はダンレーヌ R222
  • rate: ★★★★☆

 

 

レディブティック2016/12 94コート

 

 

近所の手芸店のセールの時にボタンを買いましたが、値段を見ずにレジに箱を持っていってビックリ。半額で良かった。

 

 

レディブティック2016/12 94コート

 

 

デザインポイントの大きな衿。台襟も大きくて、ネックウォーマーなしでも首がぬくぬくです。

ボリューミーな衿の接着芯はR111くらいが良かったかも。

ステッチは殆どないので(ポケットのところだけ)、しっかり中とじしました。

 

 

 

レディブティック2016/12 94コート

 

 

「型紙&縫い代付きだから、絶対作れる!」と表紙にもあるように、懇切丁寧で良かったです。

特にポケットは切り替えを使ったポケットなので、いつもの脇ポケットを縫う要領で縫えました。

 

 

 

レディブティック2016/12 94コート

 

 

裏はベンベルグの冬用のを。

近所の手芸店さんで相談したところ、裏地は表地より濃い色のほうが目立たないよ、ということでこの色に。

 

 

レディブティック2016/12 94コート

 

 

タグはPres-deさんの。

ムスメのこのバッグに付けたものの色違い。タグがあると何となく既製品ぽくなると再確認^^

 

毛足が長いのに二つ折りにして裁断したので、上下でずれてしまって、8个曚苗垢気違ってしまいました。背高族対策で15号サイズの長さにしていたのに、結局デフォ程度になってしまいました。

本来なら仮縫いをして丁寧に縫うところ、ムスメは仮縫いできる距離にいないのでダーッと。キリビも省略。

ポケットは簡単だったし、ベンツもないデザインなので、本当にあっという間にできました。

 

サイズ感は私がかなりバルキーなセーターを着ると肩、腕のところが若干窮屈ですが、普通程度のインナーだと問題ない感じです(168cmナチュラルタイプの体型の試着による個人的感想)。袖丈はもう少し長い方が良かったかな。

 

薄ピンクですが、ちょっとくすんだようなピンク(淡墨桜色と勝手に命名)なので、ムスメも抵抗少なく着てくれるのでは??と期待しています(本人はライラックorライトグレーを希望していたのですが)。

春に向かって優しい春色のコートができて良かったです。

自分にも春色のウールのコートが欲しくなりました。

 

次回のメモ

 

布は重ねて裁断しない。

丈、袖丈(裏地も)は長めにとる。

袖の裏地のきせは多めに。

 

 

 

 

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2017.02.12 Sunday | comments(0) | - |

FO 『石田純子の作って着回すおしゃれ術』より 2c カーディガンコート 完成

2016 SSシーズンの洋裁本は豊作で、シーズン初めは余り検討せず即買い^^;
これではまずいと、段々コスパを考えるようになり、今のところ↓

2016SS books

こんな感じです。でもタガが外れてる、、(夏物は編まないのでよしとする。誰に言ってる??)
暮しの手帖はジンベースのレモンシーノが作りたくなり購入。
パタレさんの本は姪甥に何か作ろうと購入。気持ちはあるので、そのうち作ります。

当地の図書館では司書さんが購入図書を決める権限があるのかどうか分からないのですが、洋裁本、編み物本はかなり頑張って購入してくれます。出版元や書店的には良くないのかもしれないけれど、、
作りたいパターンが多い本やどうしても手に入れたい本は購入しますが、作りたいパターンが1点くらいだと「しばらく待ってみるか」になります(今季は嬉し過ぎてストッパーがかかり難かった←わんこの所謂ウレション状態)。
今回縫ったパターンも、購入までは微妙だけど縫いたいなあと待っていたのでありました。 ありがたいことです。市県民税の払い甲斐があります。


カーディガンコート
 
  • pattern: 『石田純子の作って着回すおしゃれ術』より 2-c  カーディガンコート
  • size: 11号 補正なし
  • fabric: m@1570円の広幅 リネン3.5m 2割引き ボタン1.8僉@51円 7個
  • rate: ★★★★☆

表紙の作品です。
色もほぼ同じのを選びました。ブルーラブ。
ボタンを留めるとなんだこれ?ですが、、
ボタンを開けると


カーディガンコート


なかなか良い感じになります。写真が下手すぎて伝わりませんが。
どのように良い感じかといいますと、すっきり痩せて見えるのです(*´▽`*)
ドレープの縦の線のマジックでしょうか。
さすがミセスのファッションの指南役、石田純子さんの提案する形だなあと感心しました。


カーディガンコート


他のデザイナーさんも軽いショップコート的なのを提案されてますが、自分のイメージには襟元がV字の方が合うだろうと思っていました。待った甲斐がありました。
着画はいつかまた。

惜しむらくは生地。
近所の生地屋さんで色、手触りを厳選したつもりでしたが、織り傷は結構あったし、洗うと埃の様なものがたくさんとれ、ざらざらな手触りになってしまいました。アイロンをごしごしあてると多少は改善するのですが。折角だからもっといいリネンを使えば良かったなあ。
ただ、幅が広いので少しずらすと差し込みで入りました。3メートルほど?で出来ました。残りはまた枕カバーかな。

パターンはかなりきちんとしていて(私の分水嶺はヨークが2重になっているかどうかw)好印象でした。
改めて見てみると、いくつか「着るとすっきり見えるのかも」と感じるものがありましたので、買ってしまうかも。夫にこっそりとw


↓表紙の写真の方が良いのでこんな感じをイメージしてくださいm(_ _)m
 

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2016.06.02 Thursday | comments(0) | - |

FO 『コットンフレンド 2015-2016冬号』より フーデッド(ショート)コート 完成

姉にフーデッドコートの着画をLINEで送りましたら、随分褒めてもらいました。
で、姉のお誕生日も近かったので、残りの!布で軽く羽織れるコート風のものを縫おうと思いました。

まずは大川さんのフーデッドコートをもっとフレアを大人しく補正したパターンを作って置いてみましたが、やはりフードが二重なのがネックでとれませんでした。
コットンフレンドのフーデッドコートの丈を短くしたものなら何とか取れそうな感触で、ない知恵振り絞り、パズルのように置いては丈を最大限取れるように頑張りました。
結局、着丈を18センチ短くし、袖口の縫い代を半分にし、見返しをはいで、フードの片方だけはどうしても横地になったものの、何とか取れました。


フーデッドショートコート大急ぎで送ったので、トルソー写真なしのいきなりの着画です。
大体18センチ短くしてショートコート丈になりました。
これはこれで着易いのではないかと思います。
ポケットを間違えて、コートのポケットにしては随分小さいものになってしまいました。コートのポケットは手をすっぽり余裕を持って包み込むサイズが良かったのに、ちと窮屈です。
 
いや〜このパターンは良かったです。簡単で縫いやすいし。
そして何といってもラグラン袖は肩が楽。
ちゃんとしたウール(軽めのウールモッサとか?)で裏付きのコートを作ってもいいなあ。


+++

密林で予約をしていた『きれいな仕立てのプロの技』という本が届きました。

非常に良い本でした。
仕立ての本は何冊か持っていますが、知らなかったテクニックがいろいろ載っていてちょっとお高いけど買ってよかった〜です。
三巻縫いのきれいに縫う方法とかロックを使わない綺麗な縫い代始末とか(コンセプトがロックミシンを持たずに家庭用のジグザグミシンで手を抜くところと丁寧に縫うところを伝授という感じなので)。

文化出版局の出している人気洋裁本のパターンが載っているとあったのですが(滝口さんの未刊の『軽やかな大人の服』のスカートの製図も!)、それぞれの本から1点ずつ6点、平均的なサイズの囲み製図が載っていました。
サイズが合って囲み製図をちゃんと描ける人にはいいけれど、私にはまあこれは付録かなあ、って感じでした。


囲み製図


 

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2016.02.01 Monday | comments(0) | - |

FO 『コットンフレンド 2015-2016冬号』より フーデッドコート 完成

寒波がやっと落ち着いたようですね。寒波の置き土産で断水している地方もあるようで、本当に大変だなあと。早く復旧しますように。
我が家は安普請なもので、最も寒かった日に寝室の窓の結露が家の内側で凍っていました。
どんだけ、と思いましたが、以前住んでいたイギリスの安普請の借家では家の中でツララができたことがあったからまだましかなと。

+++

実家方面に行ったときに特に予定もなく倉庫生地屋さんに行きました。
セールでメンズシャツ用のm@100円の生地を5メートル買って気分が良くなった私はまた嵩張る生地を買ってしまいました。
m@1500円で3.5mも。安くなっている既製服を買った方が安いのではないかと思いながら、でもどうしても縫いたかったのであります。これ↓


フーデッドコート

 
  • pattern: 『コットンフレンド 2015-2016冬号』より フーデッドコート
  • size: Lサイズ ポケットを普通の脇ポケットに変更。
  • fabric: 倉庫生地屋さんの185cm幅m@1500円 を1.85m ウール混の裏毛風。裏は羊の毛様。
  • rate: ★★★★☆

既製服を買った方が安くて綺麗だと思っても縫いたくなるのがヘタレ手の女^^;
本当にこのパターンは縫ってみたかったのです。

フーデッドコート


今シーズン流行のフーデッド(ローブ)コートのパターンはいろいろ出ていますが、コットンフレンドのこれは見返しが広くてまるでフードが2重になっているように見えるのでいいなと思っていました。
香田あおいさんのパターンも候補だったのですが、端が三つ折りなのが私には残念ポイントで。
前回縫った大川さんのフーデッドコートもフードは完全に二重で暖かいのですが、布が沢山いるし若干重くなるので、こちらはちょうど具合が良い感じだなと。

ポケットはデフォだと一体型になっていて布がもったいないのと恐らく外カーブがロックでうまく縫えない気がしたのでいつもの脇ポケットで。
厚みを減らすために甲側は薄手のフラノにしました。


フーデッドコート着画身長168cmのオジオバちゃんの着画です。ピッタリの着丈袖丈でした。
ゆとりがあるラグランなので、厚手のセーターを下に着ていても楽ちん。
これは本当に縫って良かったです。

生地屋さんでネイビーとグレーのどちらにするか迷ったのですが、これから春に向かっていくから明るい色のほうがいいかなと。
シーズンも終わりに近づいている?から、また暖冬に戻ったら(戻るのか?)着倒します。

ポケットを変え、ケチケチにとったので、何か縫えそうなくらい残りました。
初めは「m1500円?高っ!」と思っていたのですが(貧乏臭くてすみません)、随分余ったので測ってみると幅が185僂任靴拭@
そう高い買い物ではなかったかも?です。

 

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2016.01.27 Wednesday | comments(0) | - |

FO 『いつもの服、きれいな服』より フーデッドコート 完成

 体調が戻って、やっと縫いものをする気になりました。
編み物は本調子でなくても気が向いた時にできるけれど、縫いものはパワーが要るんだなあと思い知りました。私には健康のバロメーターになるかも。

今季も結構冬の布を買いこんでしまいまして(去年も買ってそのままなのに^^;)
冬のものは嵩張るからまずは最も嵩張っている布から着手しました。


フーデッドコート 前

 
  • pattern: 『いつもの服、きれいな服』より フーデッドコート
  • size: Lサイズ 着丈だけ2センチ伸ばした。
  • fabric: Haru 愛知県産W幅 ウール ニードルパンチ  ウィンドウチェック  ブルーパープル 確かウール90% ナイロン10% だったかと。m@880x2mちょっと
  • rate: ★★★★☆
 

ムスメに。

ムスメが帰国した際にコットンフレンドのフーデッドロングコート?が良いなあと言っていたのですが、その時には適当な布が見付からず。

しばらくしてHaruさんで売り出されたのが指定のまんまのウールのニードルパンチでした。しかもお安く。

それですぐに購入したのですが、手違いで2mと1mに分けて届くことになりました。

無地だったらいいのですが、チェックなので柄合わせもあるし、ということでロングは諦め、以前から気になっていた大川さんのフーデッドコートに変更しました。
 

フーデッドコート 後ろ

まつり縫いが下手すぎ↑
 

ぎりぎり柄合わせができましたが、見返し、フード裏は無理だったので、フード裏は裏のベージュの起毛部分を表にしました。逆に暖かな感じが出て良かったかと。

今年流行りの裏なし一重のコートですが、生地自体が暖かなのと、ショールカラー気味の大きなフードが肩と背中の一部を覆うので大変暖かく感じます。良い布でした。フードにボリュームがあって後ろに引っ張られる感じがあるのではないかと心配しましたが、大丈夫でした。
 

フーデッドコート 前を開けて

 

とにかく布がふんわりと厚く、フードを本体につけるところなど六重になっているところが部分的にあり、大変でした(フードが二重なので)。織がそう詰まっていないのとシュプールのパワーのお陰で縫えましたが。

 

フーデッドコート 箱ポケット


今年の縫いものの小さな目標は箱ポケットがきれいに縫えるようになる、です。

パターンにはないのですが、手を温めるポケットはマストだよね、と適当に作りました。見返しを付ける段になって、もう少し脇に寄せるべきだったかなと。見返しの中にポケット布が入りこんでしまいまして。まあ、ポケット布がバサバサしないで良かったのかも。
 

フーデッドコート アップ


オバちゃん着画は今回はなしで。なぜなら、あまりにも似合わなかったから(ノД`)・゜・。

このパターンは年齢制限ありだと思いました。30代半ばくらいまで?とにかく私のようなオジオバちゃんには可愛すぎました。

色とフレアの分量を変えるとありかな。

日本もやっと冬らしい寒さになりましたが、ムスメの住む地方は今年最も寒さが厳しいらしいです。日本では特に暖冬なので裏なしの軽いコートは今の気分ですが、向こうではどうかな。まあ軽くて着心地が良いので、家の中で羽織ってもらったら良いかなと。

分割された残り1メートル(どうしても見返し一つ分取れなかったのでそれは1mの分からとりました)は何を作ろうかな、、冷え取りスカート?ベスト?ちょっと考えます。

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2016.01.19 Tuesday | comments(0) | - |

FO Shell Buttonさんの ステンカラーコート 完成

ピーコートより早く縫いたかったのが綿ツイルのコート。ネットで購入したツイルがなかなか手元に届かず先にピーコートを縫ったのでした。
パターンは去年のセールの時に購入したShell Butttonさんのステンカラーコートです。
去年からアウターを縫いたいという希望があったのですが、着手する自信がなく、、


ステンカラーコート

  • pattern: Shell Buttonさんのステンカラーコート
  • size: LLサイズ 丈は4センチ、肩幅は3LサイズにUP
  • material:  キルト m@2300円 0.7m 2割引きで1286円
    ポリエステル裏地 m@680円 3m 2割引きで1632円
    撥水加工播州織綿ツイル m@700円 4m 2800円 
  • rate: ★★★★☆


ステンカラーコート 後ろ

↑ベンツ止まりをステッチしましたが、変にしわが寄っているのに気が付いて解きました。


手持ちの似たようなコートの肩幅とパターンの仕上がりサイズを比べて、3Lサイズに補正しました。袖ぐりは適当にひき直しました。

背高族なので、丈をウエストの線で補正しました。

補正の甲斐あって着ていて楽ちんなストレスフリー・コートになりました。

冬場も着たいのでキルトのライナーを付ける予定でLLサイズにしましたが、合いの時期のコートにするのであればLサイズで肩幅だけ補正で良かったかもしれません。


前身頃に全面芯を貼るかどうか悩みましたが、割にしっかりとしたツイルだったので貼りませんでした。貼らなくて良かったと思います。とにかく衿付けのあたりなど分厚くて、シュプールだから何とか縫えた?という感じでした。


播州織の撥水ツイルは本当に良く撥水します。水玉になってコロコロ転がって落ちます。

ただ横糸がくすんだ水色のせいか、思ったよりもずっと渋いベージュで、どちらかというと男性向きの色味でした。そこが残念。

広幅だったのでパンツ等取れるくらい残りました。夫のパンツでも縫うかもしれません^^


家で洗いたかったので裏地はキュプラではなくポリエステルにしました。

近所の手芸店でクールビズ用というのが色的に合っていたのでそれを。真夏以外のものにクールビズ用。さらっと涼しいです^^;ヨカッタ。


ステンカラーコート アップ

↑仕上げ馬も使ってアイロンをかけたのにしわしわ^^;


折角の撥水生地なのでフードも付けました。フードの付ける向きが分かりませんが、被らないときのほうが多いので、被らないときに座りの良いように付けています。本当はどちらにつけるんでしょうか?

フードがあるとカジュアルに見えるので、付けないで着ることが多いかも??そうなったらボタンもとってしまうかもです。


ステンカラーコート フード

↑こちら向きで付けるとフードがお椀のようになる代わりに前から見ると座りは良いのです。


ステンカラーコート ライナー

↑ライナーも頑張って縫いました。パイピング苦手です。


Shell Buttonさんのパターンは縫いやすくて良かったです。指示通り縫っていけばポケットもベンツも問題なく縫えましたが、腕がいまいちなので↑のようにベンツ部分にしわが><

パーツは多くなりますが、ガンフラップや後ろかぶせ、袖口のタブなど、きちんと感が出る仕様がまた気に入りました。


ステンカラーコート ライナーアップ


後付けでライナーも付けられるのがいいと思います。

ポリエステルのキルトのライナーが1枚増えるだけで温かくなります。ボタン付けには泣きましたが。ライナーを付けるとちょうど良いサイズ感になりました。


着画はまたいつか。


自分のアウターばかりせっせと縫っている、と夫から鋭く指摘されました^^;





| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2015.11.07 Saturday | comments(0) | - |

FO 『男のコートの本』より ピーコート 完成

 『コウノドリ』始まりましたね。
普段テレビをほとんど見ないのですが、すごく面白くて感動的で、旦那とムスメ(向こうで配信版を見ています)としっかりはまってしまいました。
そしてちまちまとコミック版の『コウノドリ』が増殖中です^^
11巻まで買ってしまうのも遠くないだろうなあ(今3巻目^^)

+++

肩や背中に脂がのってきたせいか、前から肩の所が若干ツンと来ていたコートがますますツン度が高くなったので新調しなければ、と思っていました。
まだまだ技量が伴いませんが、ダメ元でウール地のコートを作ってみようと思い立ちました。

香田さんの秋冬の本から作るつもりでしたが、折角作るのなら裏付きにしたいと思い、以前から絵本状態になっていた↑『男のコートの本』からピーコートを縫ってみました。


ピーコート1号

  • pattern: 『男のコートの本』から no.7 ピーコート
  • size: M 補正なし
  • fabric: m@780円のウールフラノ from Haru  ペルビアンピマ マリアンナ マスタード 110幅1.7m from ソレイユ(ソレイユボックスより)
  • rate: ★★★★☆


ピーコート アップ


確か去年のHaruさんのセールの時に購入したフラノですが、コートにするには薄く感じて、今回も裁断の直前まで迷っていました。夫の「真冬に着ずに春秋限定で着たらええやん」の一声でハサミを入れることができました。

やはり薄手なのが気になったので、『ジャケットとコートの手ほどき』の本を参考に、前身頃の全面と、袖口と裾の縫い代+1センチに接着芯を貼りました。

出来上がってみると思いの外しっかりしていて、厳寒時以外はOKかも(車移動だし)。


ピーコート1号 平置き


とにかくパーツが多くて、型紙をとるのが大変でした。

それ以上に裏袖の型紙をひく(裏袖だけは表袖のパターンを元に自分でひきます)のが素人には???な部分があり、出来上がるまで不安でした。

何とか型紙を作っても、今度は裁断に接着芯貼りと、縫いだすまでが一苦労でした。


箱ポケット 失敗


最初の関門は箱ポケット。正直30年近く前に2度縫ったことがあるものの、洋裁教室の先生に手取り足取り教えていただいて、指示通り動いたら何とかできたというLV1〜2程度の経験値なのです。

案の定、失敗しています。

斜めに付く箱ポケットなのに何の考えもなしに切込みを入れてしまい切り込んだ部分が隠せませんでしたT^T

なんか変な皺、あたり?も出てしまってるし。


ピーコート1号 平置き 後ろ


それ以外は本の手順通りに縫うと出来てしまいました。素晴らしい!

私は表と裏の袖口を縫うどんでん返し式の裏を付けたことがなかったのですが、余りの簡単さに驚いてしまいました(裾は表裏ともに手まつり指定)。でも袖の中綴じをしていないのがちょっと不安だったり(裏袖の製図は私なので^^;)。


ピーコート1号 裏地

中のシャツがしわしわだ^^;


裏はベンベルグの裏地を付けるつもりだったのですが、面白くないなあとソレイユボックスに入っていたお気に入りの布を使いました。裏を見せたくてしょっちゅうバサバサしています^^

1.7mで袖まで取れたので裏袖もぺルビアンピマにしましたが、袖だけはすべりをよくするためにベンベルグのほうが良かったかも。はい、このパターン、結構細身で、袖も細身のような気がします。折角なので袖を時々折り返して裏をチラ見せすることにします。


見えないけれど

見えないところだけどちゃんと付けました。


余りお高いボタンは買えませんが(その昔、洋裁の先生はボタンは生地代と同じかそれ以上のお値段のものにしなさいと言われましたが^^;)、数が多いので結構副素材にお金がかかったように思います(フラノが安かっただけに)。

プラスチックボタン Φ25@211円×8 プラスチックボタンΦ23@50円×2 力ボタン6個

今年購入したボタンホーラーのハトメ穴は最大直径25センチのボタンしか通らないので

、ボタンは指定より小サイズにしました。



ピーコート1号 着画

(ベランダからの光でシミのような跡が。しかし箱ポケットが汚い><)


168センチ大柄女子おばちゃんの着画です。ほぼ補正は要らないかと。

逆に恰幅の良い男性だと着れるのかな?と思います。


アウターは完成時の達成感が半端ないです。

また縫おう^^








| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2015.10.28 Wednesday | comments(0) | - |

「秋冬に着たいおばあちゃまの服」より マオカラージャケット 完成

 ↑の本から母にジャケットを作りました。


若草色のジャケット1


  • pattern: 「秋冬に着たいおばあちゃまの服」より 21マオカラージャケット
  • size: 11号 裏付ポケットをプラス。総裏に。
  • fabric: Haruさんのポップネップツイード m740円 145冑1.7m? ベンベルグ ベンラセーヌ


母の大好きな若草色のネップツイードがお安く売っているのを発見し、2mなかったのですがダブル幅だから何か縫えるだろうと買っていたものをやっと形に出来ました。

手に取ってみると思いのほか薄くザックリしていたので何十年ぶりに総裏付に挑戦することに。

若い人のパターンでは体型が全く違ってきているので、着心地を優先して対象が高齢者のパターンブックから選びました。



若草色のジャケット2


横から見ると前後差がすごいです。背中が丸くなっている高齢者ならではの形なんだろうなあ。

肩のいせこみが全くなっちょりません><

バスタオルを袖馬代わりに使いましたが、全然ダメでした。スーパーセールで仕上げ馬だけは買おう(それだけで済むのか??)。まんじゅうも欲しい、、

ポケットはあると絶対便利なので、デザイン的にはどうかわかりませんが、付けました。

裏付のポケットも久しぶり^^;


若草色のジャケット3



袖丈は短かめです。軽い軽いジャケットになりました(裏地は近所のお店で薄緑色のが春夏用の裏地だけだったのでそれを。妙にサラサラですw)。

後ろ身頃の背中周りの余裕も半端ないです。着たらどんな風なんだろう??私自身、母が着ているのを見てみたいです。



若草色のジャケット4


横振り師さんにボタンホールをお願いしました。

横振り師のオジサンが「今丁度淹れたところだから」とコーヒーをご馳走してくださいました^^

美味しいコーヒーを頂きながら待つこと数分。

あっという間に綺麗なボタンホールができました。

3つで税込み420円。スタバのコーヒーよりも安い(しかもコーヒーご馳走になったし)。

これからは自分で開けるのが心配なものはオジサンにお願いしようと思いました。



総裏のジャケット、コートを縫った経験は5着ほど。それも学生時代に通っていた洋裁教室で先生に手取り足取り教わっての縫いだったので自分の身についておらず、おぼろげな記憶を頼りに縫いました。

ネットでいろいろ調べると最近は「どんでん」という裏の縫い方が主流?のようですが、私は昔ながらの方法しかできないのでそれを。でも案外手縫い、手まつりが好きだということを自覚しました。


↑の本が背抜き、総裏(「ふらし」だけど)のジャケット、コート縫いのしっかりとした教科書的な本だったので購入しました。

| 縫い物 女性用 布帛 アウター | 2014.11.28 Friday | comments(0) | - |

| 1/1PAGES |


税務調査